こんな美容法もあったんだ?!

プラセンタで新しい肌を生成してキメを整える

プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、医療目的以外に細胞再生などの美容効果があることから幅広く利用されています。たとえば、サプリメント、ドリンク、化粧品、育毛剤などに利用されていてその効果には高いものがあります。

 

プラセンタは、ヒト由来のものを始め、豚、馬、牛、羊などから取得されています。その他サカナや植物から摂る場合もありますが、効果を考えればやはり哺乳類のものが一番のようです。

 

ヒト由来のものにこしたことはありませんが、効率性を考えると豚由来のものが多く使われサプリメントや化粧品などでよく利用されています。効果についてはまさに様々なものがすでに紹介されています。

 

ターンオーバーを促進させて新しい肌を生成する機能があるためお肌にハリがあり弾力が出てきます。またシミやシワを解消してキメを整えます。保湿性もあるので乾燥肌にも役立っています。いろいろな効能から医療業界、美容業界では注目されている有効成分と言えるでしょう。

 

最近では、サーマクールでたるみを取る技術も注目されているようです。

イメージが変わるオトガイって何?!

オトガイは、下あごのことをいい漢字では頤(おとがい)と書きます。下あごには触ってみると分かると思いますが筋肉が付いていますよね。このことを頤筋(おとがいきん)と呼んでいます。

 

下あごの中央部分の筋肉が盛り上がっているところがそうです。こんなところにも筋肉がしっかりとついていたんですね。このオトガイですが、以外にも人間にしかない筋肉なんです。私たち人間は言語を話すためにこの部分の筋肉も発達していたようです。でも人により頤の筋肉の付き方などでイメージも変わってきます。

 

自分のあごが気に入らない人では、この部分の輪郭生成を美容外科などで行う人もなかにはいるようです。美容業界では多種多様な美容施術メニューが増えてきています。またスキンケアに関しても日々、開発されている美容機器などもあり女性にとっては嬉しい限りです。

 

メソセラピーやソワンエステティックなど時々新しいエステメニューを見るたびに試してみたい気持ちで一杯になります。