自然療法ナチュロパシー

自然療法ナチュロパシー

ナチュロパシーとは、自然医学或いは自然療法という意味をもち、人間が本来持っている自然治癒力を生かして病気を治したり健康を保つ方法を言います。

 

 

 

自然治癒力の考えに基づいた療法では、数千年前からあるとされるアーユルヴェーダ、ギリシャ医学などでも利用されていましたが、ナチュロパシーでも植物などの花やハーブを利用したもの、薬草などを含んだ薬膳料理などを利用しています。

 

 

 

また、ロハスのようなライフスタイルや運動療法などを組み合わせることで相乗効果を高めています。これら自然医療として最近注目されるようになりました。

 

 

 

西洋医学のように病気を科学的に捉えることはもちろん必要ですが、なるべくならば自然のものを利用して自然に治るような治癒方法が人間にやさしい療法だと思います。

 

 

 

人の心や人の身体に刺激をあたえない病気の治し方をすることが、人間の求める医療方法では?なんて個人的にはそう思っています。カウンセリングを軸とした心療内科やフィトテラピー、アロマテラピーなどもこの方法に近いものがあるのではと思います。