タッピングで施行療法をする

タッピングで施行療法をする

タッピングとは、必要な箇所をトントンと叩くだけの思考療法を言います。指圧と違い、力もいりませんし細かいツボを探す必要もありません。ただ、自分の中の問題や悩みを思い出しながら2本の指で身体の特定のツボをトントンと軽くたたくだけでいいのです。

 

merry

 

叩く経路などは予め心の中で準備しておくのがいいでしょう。タッピングセラピーの効果としては、あがり症、高所恐怖症、パニック、うつ、ストレス、腰痛などさまざまな心理的効果で治していくのが特徴です。

 

 

 

自分で簡単に出来ますが、マスターするのに教室かDVDなどでしっかり勉強してから始めましょう。マスターしたなら朝、身体がだるいと感じたとき、仕事で人前に出なければいけないとき、将来に不安があるときなどにスイッチを換えるかのようにトントンすることで解消できる場合があるようです。

 

 

 

聞きなれない療法ですが、コツを覚えればお金も時間もかからない便利な健康法と言えるかも知れません。

 

脂肪を落として、気になるたるみをリフトアップするにはテノールが有効です。